道新花火大会2016 札幌道新花火大会 旭川道新花火大会2016道新花火大会 札幌道新花火大会 帯広道新花火大会 帯広 駐車場道新花火大会 2014 旭川道新花火大会 2012 帯広道新花火大会2016 旭川道新花火大会 千歳
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道新花火大会2016 札幌 旭川2016 帯広 駐車場情報!

道新花火大会2016 札幌 旭川2016 帯広 駐車場情報に関する情報はコチラでチェック!

道新花火大会 函館 交通規制

当日の18時頃から会場である緑の島で交通規制がかかります。
近くの魚市場やともえ大橋など、全面が通行止めになります。

時間は花火大会開始から終了後の午後10時半まで全面通行止めになる予定です。
お車でお越しの方は、早めに駐車場に止めておきましょう。

2016年函館港まつり交通規制について
お願い

● 港まつりの期間中は、周辺道路は車の混雑が予想され、特に、交通規制等区域周辺の道路での路上駐車は、緊急車両や公共交通機関の通行の妨げになりますので、お出かけ・お帰りの際は、公共交通機関を利用しましょう。
● ゴミは、各自で持ち帰りましょう。

8月1日(月)

◆道新花火大会 荒天の場合は5日(金)に延期
○規制時間: 午後6時から午後10時30分頃まで
○規制区域: 下記規制図によります。

※ともえ大橋は車両通行止めとなりますが、豊川町側車道の一部を花火観覧席として開放します。
※旧シーポートプラザ前や万代町側のらせん階段、遊歩道などは、全て閉鎖となりますのでご注意ください。
※緑の島は、7月30日(土)正午から立ち入り禁止となります。

20160801kisei
クリックで拡大
ページトップへ
8月2日(火)

◆ワッショイはこだて(十字街・松風コース) 雨天の場合は4日(木)に延期。
○規制時間: 午後4時25分から午後9時30分まで十字街~駅前~松風町間のパレードコースとその周辺が通行止めになります。
ただし、集合地点(銀座通り)は午後3時30分、十字街~豊川町間は午後3時50分から通行止めになります。
○規制区域: 下記規制図によります。

20160802kisei
クリックで拡大
ページトップへ
8月3日(水)

◆ワッショイはこだて(堀川・五稜郭コース) 雨天の場合は4日(木)に延期。
○規制時間: 午後3時50分から午後9時30分まで
昭和橋電停~千代台~行啓通~道新手前のパレードコースとその周辺が通行止めになります。
ただし、集合地点の堀川広路周辺は午後3時から通行止めになります。
※2日、3日両日雨天の場合、堀川・五稜郭コースは中止します。
○規制区域: 下記規制図によります。

20160803kisei
クリックで拡大
ページトップへ
8月5日(金)

歩行者天国(小雨決行)
○規制時間: 午後4時から午後8時まで
○規制区域: 函館駅前から松風町間の電車通りが通行止めになります。
なお、高砂通り(棒二森屋横から若松広小路まで)等も同様に規制されますので、ご注意下さい。

※8月5日に道新花火大会を実施する場合は、歩行者天国及び歩行者天国で開催予定のイベントは全て中止となります。

花火大会当日の打ち上げ会場である緑の島付近は、浴衣を着た観客で大いに賑わいます。その中でわいわいと眺めるのももちろん良いですが、落ち着いて、そしてできるだけ眺めの良い場所で見たいと考えている方も多いはず。ここではそんな方のための穴場スポットをご紹介します。
元町公園
1930年に開園された“春の桜の名所”で知られる、歴史ある公園です。港を見下ろす高台の上にあり、花火の様子を最初から最後まできっちり見ることができます。公園の奥には公会堂があり、そのあたりが絶好の穴場ポイントです。
函館山・山頂
ミシュラングリーンガイドジャポンで三ツ星を獲得している函館山の眺望。口コミサイトでも「行って良かった夜景」第1位に輝くなど、観光スポットとして大人気です。ここからですと“花火を見下ろす”かたちになり、普段とはちょっと違った見方ができることが大きなポイントです。花火大会当日は一般車両が入れないので、ロープウェイやバスを使って登ることが必要となりますが、それも1つの良い思い出になりそうです。
八幡坂
「昼も夜も景色が美しい」と賞されるこの八幡坂は、函館山の夜景と並んで人気の観光スポットです。この坂の上からは函館港を一望することができるので、花火の眺めも最高です。坂の上ですので、少し登ったり、少し降りてみたりしながら、自分のお気に入りの位置を見つけてくださいね。
FMいるか・駐車場
日本初のコミュニティFM局である「FMいるか」のスタジオは、函館山の麓にあります。花大会当日はこのスタジオから生中継が行われるので、花火の見晴らしももちろん良いです。この場所は人気があるため、駐車して見るにはかなり早く行って場所取りをする必要があります。
■花火大会概要
名称:第61回道新花火大会
開催日時:2016年8月1日(月)19:45~21:00
開催場所:緑の島
打ち上げ玉数:非公開
昨年の人出:約7万人
交通アクセス:JR函館駅から徒歩5分
駐車場:なし
公式サイトURL:http://www.hakodate-minatomatsuri.org/

日時:2016年8月1日(月)19:45~21:00
会場:緑の島

・雨天の場合
小雨決行、荒天時の場合は8月5日(金)に順延されます

見どころ



道新花火大会は8月1日から5日にかけて開催される、函館まつりのオープニングを飾る花火大会で、8月1日に開催されます。

プログラムは5部構成で、ワイドスターマインや水中花火、仕掛け花火が楽しめる花火大会です。

会場付近で観覧できるほか、遠方からは夜景とともに俯瞰的に花火大会全体を観覧することもできます。

また、「FMいるか」での生放送を聞きながらプログラムの内容を知ることで、臨場感あふれる花火を楽しむこともできますよ。


・鑑賞おすすめ場所


道新花火大会は港に面した場所からならどこでも観ることができるんですが、それ以外の場所で観覧できるおすすめスポットをご紹介しますね。

函館市青函連絡船記念館
住所:北海道函館市若松町12


打ち上げ会場から北東へ700m。函館市青函連絡船記念館である摩周丸の甲板からも道新花火大会を観覧することができます。

入館料500円が別途必要になりますが、当日は通常営業が終了した後に、19時より特別営業として開放されます。ロケーション抜群な上、トイレの心配が要らないので高ポイント。

道新花火大会の基本情報

日程:2016年8月1日※お祭り自体は7月31日~8月5日まで開催。
中止は?:荒天の場合5日に延期
開始時間:19:45
終了時間:21:00
打上げ数:非公開
動員数:約7万人
電話:0138-32-5130(北海道新聞函館支社)
※当日の開催可否のお問い合わせは0180-991-120

道新花火大会の会場&打ち上げ場所

会場:函館市大町15周辺
打上場所:函館港一帯(緑の島)


会場周辺には駐車場はありませんので注意してください。

離れたところに駐車場が設置されます。

どちらの駐車場からもシャトルバス(片道おとな400円、こども200円)が運行されますのでご利用ください。

大型の駐車場ですが、夕方には大体埋まってしまいます。余裕を持つなら15時頃までには駐車をするのが確実です。

アグリアリーナ特設駐車場(無料、2000台)

住所:河東郡音更町音更西2線9番1号 音更IC北側

北愛国交流広場特設駐車場(無料、2000台)

住所:帯広市愛国町10番1

列車で来た場合(帯広駅からの行き方)

帯広駅から駅前発のシャトルバス(おとな200円、こども100円)に乗車できます。5分ほどで会場に到着します。

※このシャトルバスは往路のみの運行ですので注意してください。(帯広駅までは徒歩約20分)

勝毎花火大会の見どころ

北海道の花火大会の中では桁違いの規模を誇ります。

打ち上げスペースの幅が400mもあるので、目の前で見ると視界一面花火のすさまじい迫力です。

音楽やレーザー光線など臨場感あふれた演出で楽しませてくれます。

プログラムは6部で構成されていて、雰囲気の違う花火をたくさん見ることが出来ます。

そしてなんといってもグランドフィナーレを飾る「錦冠(にしきかむろ)花火」は空から花火が降ってくるような錯覚を起こすほどの迫力と圧倒的な美しさです。

このフィナーレは日本でもトップクラスといってもいいのではないでしょうか。

無料席での場所取り方法

一般観覧席では、かなり早い人は前日深夜に行ってシートを敷いて場所取りする人もいるそうです。

場所をとったら撤収されないためにも離れないのが原則なので根気が必要ですが…。

家族で見る方などは、スペースもとりますから当日午前中までには場所取りしておくのが理想です。

狭いスペースでもカップルやご夫婦でしたらサッと入って見れたりもしますから夕方でも大丈夫かもしれません。

長時間すわることになりかねないですから、熱中症対策や日焼け対策をしっかりしてくださいね。

トイレや飲食店でもかなりの列になりますから、事前に済ませてなるべく最小限の利用に抑えるようにしましょう。

携帯もつながりにくくなるほどですので、待ち合わせの打ち合わせなども事前に十分にしておいてくださいね。

スポンサ
2016道新・UHB花火大会

開催可否をお知らせします
2015年大会の模様
2015年大会の模様
札幌市中心部の豊平川河川敷で開催される唯一の花火大会。道都・札幌の夜空を華やかに彩り、短い夏を告げる風物詩として今年で61回目を迎えます。プログラムは3部構成で約4,000発を打ち上げます。豪快なワイドスターマインや趣向を凝らした創作花火など、充実した約1時間のプログラムです。

期日
2016年7月29日(金) 19:40打ち上げ開始(約50分)
※荒天の場合は8月2日(火)に延期
開催場所
札幌・豊平川南大橋~幌平橋間(札幌市中央区南13条西1丁目付近)
※地下鉄南北線幌平橋駅」「中の島駅」から徒歩5分
※駐車場なし
打ち上げ場所を地図で確認

アクセス
ご来場案内図

・ご来場の際、地下鉄南北線中島公園駅」「幌平橋駅」は大変混雑しますので、「中の島駅」のご利用をおすすめします。
・すすきの方面から徒歩でお越しの方は、南大橋(南9条橋)付近は大変混雑します。南7条大橋方面からのご来場をおすすめします。
・19:10以降、中島公園駅から豊平川左岸通へは入れません。
・花火終了後、「中島公園駅」方面、「幌平橋駅」方面は、大変混雑します。お帰りの際は、南北線「中の島駅」「すすきの駅東豊線豊水すすきの駅」「学園前駅」をご利用いただくことをおすすめします。
打ち上げ数
約4,000発
プログラム
第1部「サマーナイトファンタジア」打ち上げ、スターマインほか
第2部「光のファンタジー」打ち上げ、スターマイン
第3部「グランドフィナーレ」ワイドスターマインほか
PDF

交通規制
交通規制図はこちらをご覧ください

【豊平橋-南19条大橋間の右左岸通】
 18:00頃~21:30頃
【豊水通の南15西1-南9西2ほか】
 19:30頃~22:30頃
【菊水旭山公園通の南9西3-水車町2】
 19:30頃~22:30頃
【南七条大橋・南大橋・幌平橋の上流側歩道】
 通行禁止
バスの迂回
ジェイ・アール北海道バス
北海道中央バス
問い合わせ
北海道新聞社事業センター
TEL:011-210-5733(土・日、祝日を除く9:30~17:30)
当日の開催可否は、テレドーム0180-991-881へ
主催
北海道新聞社、北海道文化放送

道新・UHB花火大会 2016の日程・時間・場所

道新・UHB花火大会は2011年から2015年は

7月の最終金曜日に開催されています。

 

2016年は7月29日(金)に開催されます!

時間:19:40~20:30

※※荒天の場合は8月2日(火)に延期

 

打ち上げ場所:

札幌・豊平川南大橋-幌平橋間(札幌市中央区南13条西1丁目付近)

 

 

 

●打ち上げ総数

約4,000発

 

●交通アクセス

札幌市営地下鉄幌平橋駅または中の島駅から徒歩5分

※駐車場なし。

 

●見どころ

プログラムは3部に分かれており、

それぞれ趣向を凝らした創作花火やスターマインなどが打ち上げられます。

今年のプログラムは以下の通りです。

 

第1部「グランドショー」 創作スターマイン

第2部「ダイナミックショー」 打ち上げ、スターマイン

第3部「グランドフィナーレ」 ワイドスターマインほか


日本の夏の風物詩。札幌の空に舞い上がる百花繚乱の花火

北海道真駒内花火大会 2016年7月17日(日曜日)
道新・UHB花火大会 2016年7月29日(金曜日)
モエレ沼芸術花火 2016年9月10日(土曜日)

7月中旬から9月下旬にかけて札幌市内の各所で花火大会が開催されます。真駒内公園では、北海道最大規模を誇る22,000発の花火が咲き乱れる「北海道真駒内花火大会」。半世紀ほどの歴史があり、札幌中心部の豊平川南大橋付近で開催されるのが「道新・UHB花火大会」。2012年に始まった「モエレ沼芸術花火」は、花火と音楽のコラボレーション。障害物ひとつない大空に舞う尺玉が目玉です。夜風が心地よい札幌の気候は、日本の夏の風物詩である花火を楽しむには最適。それぞれ景色や演出が異なる花火大会を是非お楽しみください。

道新花火大会の基本情報

日程:2016年7月29日(金)
※日付以外まだ未発表ですので、以下2015年情報を記載します。
荒天:延期
開始時間:19:40
終了時間:20:30
打上げ数:約4000発
動員数:ピーク時は30万人ほどでしたがその後多少減少傾向で現在は動員数の発表はしていません。
電話:011-210-5733(北海道新聞社事業センター)
※当日の問い合わせは0180-991-881(テレドーム)

会場&打ち上げ場所

札幌市中央区南13条西1丁目付近の豊平川南大橋‐幌平橋

道新・UHB花火大会のアクセス

会場付近は早いところで18:00から交通規制が開始され、大体22:30分頃まで通ることが出来ません。

駐車場もありませんので、公共交通機関での来場がおすすめです。

地下鉄

札幌市営地下鉄南北線幌平橋駅」か「中の島駅」からどちらも徒歩約5分程で会場につきます。

中の島公園の南側に位置する幌平橋駅からですとベストスポットに1番近いのですが、皆さんそれを狙ってきますので混雑します。

「中の島駅」か、少し離れますが「すすきの駅」から下車の方が良いかもしれません。

道新・UHB花火大会の見どころ

この花火の正式名称は「豊平川花火大会」といいます。

プログラム構成は例年3部に分かれており、創作花火やスターマインが有名です。

趣向を凝らした中国花火や仕掛け花火など、見る人を飽きさせないあっという間の時間を演出してくれます。

打ち上げ数は多いほうではないですが、冒頭でも言いましたように、人気で満足度がとても高い花火大会です。

豊平川はとても大きい川ですので、川面にうつる花火もとても幻想的ですよ。

道新・UHB花火大会の有料席

有料席や指定席はありませんので、早めに行っての場所取りが必要となります。

会場で花火を真正面で見るには、幌平橋-南大橋の間の河川敷がベストなのですが大変混み合いますので大体2~3時間前に場所取りに行くのがオススメです。